「クロモジ」エキス配合飴の摂取によって”風邪症状の低減効果”が確認されたようです(愛媛大学、養命酒製造の実験)

昨日の記事【『インフルエンザ治療に使える「麻黄湯」の解熱効果はタミフルより上』という記事を読んで】の中でも少し触れましたが、

養命酒製造株式会社では、”インフルエンザ予防対策”としてのクロモジエキスの可能性を探る実験が活発に行われており、すでに、その効果が科学的に確認されています。

【過去の参考記事:「クロモジ」エキスのインフルエンザウイルス増殖抑制効果は、摂取して24時間後にウィルス感染しても抑制できる可能性があることが確認されたようです

私も、クロモジ茶を約2ヵ月間毎日飲むことを決め、昨日から飲み始めました。

現在飲んでいるのは、以下のクロモジ茶です。

※クロモジのことについては、以前の以下の記事で触れています。

【過去の参考記事:代表的和ハーブの「クロモジ」のお茶をはじめて飲みました。香り高く美味しかったです。

今日は、そのクロモジについて、「インフルエンザの予防効果に加え、風邪症状の低減効果もある可能性が示された」実験について取り上げたいと思います。

和製ハーブ「クロモジ」エキス配合飴の摂取により風邪症状が低減/愛媛大学、養命酒製造

養命酒製造株式会社と愛媛大学医学部附属病院抗加齢・予防医療センターの共同研究グループは、2017/2018 シーズンに実施した「クロモジエキス配合飴」のインフルエンザ予防効果に関するヒト試験において、同様に調査した風邪症状について、解析を行いました。その結果、クロモジエキス配合飴摂取群が、プラセボ飴摂取群に比べ、風邪症状の有症期間 ※が短いことが明らかとなり、インフルエンザの予防効果に加え、風邪症状の低減効果もある可能性が示されました。また、この研究結果について執筆された論文が、『Glycative Stress Research』の Webジャーナル(2019 年 9 月 30 日発行)に掲載されました。

※発熱、喉および鼻の自覚症状がいずれか 1 つ以上あった期間

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ ヒト試験の概要
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
愛媛大学医学部附属病院に勤務する看護師ら男女 134 名を対象に、二重盲検試験を実施。1 日 3回、12 週間を試験期間とし、クロモジエキスを 67mg 配合した飴を摂取したグループと、プラセボ飴を摂取したグループで、インフルエンザ罹患の有無、風邪症状(発熱、喉症状、鼻症状の有無および有症日数)の調査結果を比較した。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 結果の概要
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
クロモジ配合飴摂取群の風邪症状の有症期間は、プラセボ飴摂取群に比べ有意に少なく、症状別では喉症状および鼻症状が少なかった。また、風邪症状に似た花粉症症状の影響を受ける前の 75 日までの集計では有症期間の差はより顕著であった。

愛媛大学医学部附属病院抗加齢・予防医療センター
センター長 伊賀瀬道也(いがせみちや)氏
これまでの基礎研究により、クロモジエキスには(1)ウイルスの不活化作用と、(2)感染後の増殖を抑える作用があることが報告されており、その作用はウイルスの特性に依らない「非特異的」であることが分かっています。今回の解析により、インフルエンザのみならず風邪症状についても有症期間が短くなっていたことが新たに判明しました。これは、風邪に感染してしまった後でも、クロモジエキス配合飴を摂取することでウイルスの増殖が抑えられ、予後が良好となったのではないかと考えられます。風邪はインフルエンザ同様、主にのどなどの上気道で感染するウイルス性の感染症です。本試験では、クロモジエキスを飴に配合して摂取してもらいましたが、飴をなめている数分間、クロモジのエキス成分がのどを通り過ぎながら作用することが、本結果に寄与したと考えられます。風邪は毎年多くの人が罹患しますが、ワクチンや抗ウイルス薬など、直接的に予防できる手段がありません。普段の手洗い・マスクなど基本的な予防対策に加え、手軽に始められるのど飴習慣をプラスしてみてはいかがでしょうか。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ クロモジについて
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
クロモジは、日本の山地に自生するクスノキ科の落葉低木です。リラックス作用が期待されるリナロールを主成分とするよい香りがあり、古くから楊枝や香木、生薬(烏樟:うしょう)として使われてきました。今後もクロモジエキスの健康素材としての可能性を研究して参ります。

美容健康EXPOニュースの2019年11月12日の記事(http://news.e-expo.net/release/2019/11/191112-r02.html/)より抜粋

この記事には記載がありませんが、使用された飴は、以下の飴だと思います。

インフルエンザのみならず、風邪の症状を長引かせない効果があるということが実験よって示されると、特に、冬の時期における「クロモジ」のヒトに対する価値というのは上がると思います。

私も毎年、冬の時期は特にクロモジを意識して取り入れていきたいと気持ちになっています。

メディカルハーブからハーブの世界に入った身としては、「風邪、インフルエンザ」=「エキナセア、エルダーフラワー」という意識が強いのですが、今回のクロモジのニュースに触れたことで、

この3つのハーブの、「風邪、インフルエンザ」に対する相対的な位置づけを時間をかけて整理していきたい気持ちになりました。

 
名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す