絶品の薬膳中華を堪能でき、マレーシア・ペナン島のジョージタウンを意識した庭付き宿泊施設で漢方風呂にも浸かれる「EN 燕 the garden」@千葉県・一宮町

昨日あたりから、朝夕の気温が落ち着いてきて過ごしやすくなってきたと感じていたら、今日になるとさらに朝夕の吹く風に涼しさが感じられるようになり、虫の鳴き声も秋の雰囲気に変わってきました。

今日は、今まで暑さによってなかなかやる気が起きなかった庭作業も、グッとやる気が起こり、しばらくできていなかったハーブの剪定ができました。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

 

夕方の風が涼しい❗️✨ テンションが上がり、しばらくできていなかった庭のハーブの剪定ができました☺️ レモンユーカリとレモンバーベナとローズゼラニウムは、今夜の半身浴の入浴剤として使います🌿 あと、葉の重みで傾いていたセージもスッキリ✨ セージは冬に備えてとりあえずドライにします。 #ハーブアロマの専門家の集合サイト #placeauxherbes #プラースオウエルブス #enjoyherballife #エンジョイハーバルライフ #ハーブのある暮らし #香りのある暮らし #スパイスのある暮らし #アロマ #ハーブ #スパイス #herb #aroma #spice #アロマテラピー #植物療法 #薬膳 #アーユルヴェーダ #ハーバリスト #ハーバルセラピスト #ハーブティー #精油 #エッセンシャルオイル #ハーブ浴 #レモンユーカリ #レモンバーベナ #セージ #ローズゼラニウム

S.Kayamoriさん(@enjoyherballife)がシェアした投稿 –


上記のインスタグラムの投稿にも書きましたが、今夜は、ローズゼラニウムとレモンバーベナとレモンユーカリのハーブ風呂をゆっくりと楽しみたいと思います。

今日の夕方の涼しさを感じると、「年末に向けてやりたいことをやり尽くぞ!」という気力が一気に戻ってきた感覚があり、心と体がスッと軽くなってきました。

これからの年末年始に向け、秋・冬のハーバルライフを思いっきり楽しみたいと思っていたところ、ちょうど漢方の学びをスタートする自分にとって、「ここはぜひ宿泊してみたい!」と思えた場所がありましたのでご紹介します。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】

東京駅から特急電車に乗ること約1時間。外房の海からほど近い千葉・一宮町にオーベルジュ「EN 燕 the garden」はあります。木々に囲まれたこのオーベルジュでは、香港のミシュラン常連店にいたシェフが腕をふるう絶品「薬膳中華」を堪能できるんです。そこで今回は「EN 燕 the garden」に宿泊し、昼・夜と美食を味わい尽くしてきました。
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像1まるでおとぎの国のようなオーベルジュ
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像2JR「上総一ノ宮」駅からタクシーに乗ること5分弱。住宅街に突如現れる花で彩られたキュートな馬のオブジェ。ここが「EN 燕 the garden」の入り口です。タクシーを降り、オブジェわきの小道を歩いていくと・・・

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像3右手にレストランと宿泊棟、左手には花が飾られた椅子とテーブルが見えてきます。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像4ガーデンには木の枝を使ったブランコも! どこからか羽の生えた妖精が飛び出してきてもおかしくない雰囲気ですよね。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像5木々に飾られた扉やランプもいちいちオシャレです。写真にはうつっていませんが、ガーデンの奥にはカラフルな壺もいくつか置かれています。

食べ応え十分で美味しい! 薬膳ランチを堪能
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像6さっそくレストランに入り、薬膳ランチをいただくことにしました。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像7レストランの中からもガーデンの緑を眺めることができ、リラックスできます。調度品やクッション、小物はモダン中華で統一されていて素敵です。

毎週月曜日は「麺のみのスペシャルランチ(1,204円・税抜)」ということで「千葉県産のハーブ鶏の6種類の漢方湯麺」と「冷やし担々麺」をオーダー。ランチメニューにはザーサイと小鉢がセットになっています。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像8
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像9小鉢は中華風の冷奴で、刻みネギやピータンがのっていてピリ辛。自家製のザーサイも程よい塩加減で美味しいです。どちらも青島ビールとの相性バツグン! ビールが進みます。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像10「千葉県産のハーブ鶏の6種類の漢方湯麺」。これまで薬膳料理は味が薄いイメージがありましたが、そのイメージが覆されました。鶏の出汁が効いたまろやかな味のスープがたまりません。鶏肉もたっぷりのっていて、お腹いっぱいになります。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像11「冷やし担々麺」は程よい辛さで、暑い時期にぴったりな味。トッピングの野菜もシャキシャキしていて新鮮です。シェフ曰く「麺の上にのっているレモンを絞って食べると、よりさっぱりとした味を堪能できる」とのこと。

ランチを食べていると、いつの間にか汗がじんわり。早くも薬膳効果で新陳代謝が上がってきたのでしょうか。

ペナン島のジョージタウンをイメージ、居心地の良いお部屋
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像12「EN 燕 the garden」には宿泊できるお部屋が全3室あります。どのお部屋もペナン島のジョージタウンをイメージしてつくったのだそう。ポーチからして海外のリゾート感がありますよね。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像13お部屋の中は明るく、開放的。居心地が良く、自宅のようにくつろげます。wi-fiもサクサクで快適でした。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像14お部屋の奥にあるユニットバスからは、裏庭も見えますよ。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像15また、お部屋には漢方のバスブーケが2袋用意されていて、お風呂に入れて体を癒すことができます。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像16薬膳中華を堪能した後、漢方風呂に浸かると、体の内側と外側の両方から健康になっていく感じがしました。お肌もサラサラになりますので、時間があれば夜と朝の2回、漢方風呂に浸かりたいですね。写真で見るよりもお風呂は広く、足を伸ばして浸かることができます。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像17お部屋にはスウェットとガウンが用意されているので、パジャマを持っていく必要はありません。もちろん、ボディーソープ、シャンプー、リンス、歯ブラシもありますよ。

千葉産の新鮮な食材がふんだんに使われた、薬膳中華ディナー
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像18お部屋のシャワーで汗を流し、数時間休んだ後、薬膳中華のディナーコース(5,900円・税抜)を味わいに、レストランへ。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像19前菜は、千葉県産のクラゲのXO醤和え、北総豚のチャーシュー(金木犀の香りのジャム添え)、千葉県産のカツオの10年紹興酒漬け(ネギと生姜合え)、千葉県産のハーブ鶏(マーラーピーナッツソースがけ)、千葉県産の野菜を使ったチャイニーズピクルスの5種類。どの料理も繊細な味わいで、美味でした。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像20続いて、美薬膳スープが登場。烏骨鶏やサメの唇など10数種類の薬膳が入っています。クセがなく、少しトロトロしていて、テールスープのような濃厚な味わいでした。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像21
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像22空芯菜とマコモダケの炒め物。目の前でレモンをピューレして香りづけしてもらい、お皿に散らした紅花と一緒にいただきます。シャキっとした食感で、食べやすく、塩加減もちょうど良かったです。筆者はこのシンプルな料理がとても気に入りました。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像23アジの春巻きと北総豚のシュウマイ。春巻きはアジの脂がジュッと口内に広がり、一度食べ始めると止まりません。何もつけずにそのまま食べることができます。シュウマイは黒酢のジュレにのせ、黒酢を液状にしてからいただきます。中に入った海老のプリプリ食感、豚肉の旨味、黒酢の甘酸っぱさが見事に溶け合い、 忘れられない美味しさです。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像24千葉県産の伊勢海老のソテー。身が締まった伊勢海老は噛みしめるたびに旨味が溢れ出し、ブナピー、アスパラとの相性も最高です。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像25ここで口休めとなる紹興酒のグラニータが運ばれてきました。シュワ〜っとした爽やかな冷たさで、紹興酒の香りがシュッと鼻から抜けていきます。アルコールはほとんど飛んでいるので、アルコールが苦手な人でも食べることができると思います。とても上品な味のグラニータです。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像26大豆と中国味噌で煮込んだ豚ほほ肉。ホロホロの豚肉と濃厚なソースが絡み合い、カボチャを練りこんだ中華蒸しパンと一緒に食べると、甘じょっぱくて、やみつきになります。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像27レタスチャーハンはレタスの食感がシャキシャキとしていて、歯ごたえが良く、お腹いっぱいでも食べれてしまいます。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像28デザートは塩杏仁豆腐とココナッツ餅。塩杏仁豆腐は甘さ控えめでさっぱりとしています。ココナッツ餅も「すごく甘いのでは?」と思いながら口に入れましたが、程よい甘さで、ココナッツの食感と風味が後を引きます。結構、量がありましたが「甘いものは別腹」ということで、美味しくいただきました。

幻想的な夜のガーデン
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像29
薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像30大満足のディナーを味わった後は、ライトアップされた幻想的な雰囲気のガーデンを散歩。頬を撫でる夜風が心地よかったです。お風呂上がりにガーデンを歩いて、クールダウンするのもいいかもしれませんね。

千葉・一宮町を訪れた際は、ぜひ「EN 燕 the garden」で、ランチやディナーを味わってみてくださいね。友達とはもちろんのこと、彼氏や家族と一緒に訪れても、リラックスできるオーベルジュです。体の内側から元気になり、パワーアップできますよ。

薬膳中華が絶品!緑に囲まれたオーベルジュ「EN 燕 the garden」を現地ルポ【千葉・一宮町】 画像31

EN 燕 the garden
住所:千葉県長生郡一宮町一宮350-78
電話番号:0475-47-3883
※ご予約受付時間 10:30~17:00
※JR上総一ノ宮駅からタクシー利用で5分

営業時間:
ランチ 11:00~14:00(LO 13:00)
ディナー 18:00~22:00(LO 20:00)
※夏休み・祝日なども営業しておりますが、お問い合わせください
HP:http://en-thegarden.xyz/

[All photos by あやみ]

OVO[オーヴォ]話題の情報を発信するサイトの2019年8月25日の記事(https://ovo.kyodo.co.jp/news/life/travel-news/a-1341788)より抜粋

 

この内容を見ているだけで、行きたい気持ちが盛り上がってきました。

食事の写真から、質の高さが伝わってきたので、「EN 燕 the garden」のシェフの情報を調べてみたのですが、やはり凄い実績を持った方でした。

あと、ディナーのメニュー表も全て4文字で表記されていて、この本格度合いに気持ちが高ぶってきます。

さらに、ここの宿泊施設のコンセプトになっているマレーシア・ペナン島のジョージタウンですが、イギリスの植民地であったこと、及び、イスラム教、仏教、キリスト教、ヒンドゥー教の文化が入り混じっていることにより、独特の雰囲気を持った場所です。

今年の4月にマレーシア・ペナン島へ行った際の記事を以下に貼ります。

【過去の関連記事:常に様々な香りが漂うマレーシア・ペナン島で感じた、人々の「怒り」の性質への香りの影響

【過去の関連記事:マレーシア・ペナン島で「ナツメグ」に対するイメージが激変。ナツメグの生活への浸透度合いに驚きました。

【過去の関連記事:チョコレート&コーヒーミュージアム(マレーシア・ペナン島)で、今まで全く知らなかった情報に触れてきました。

【過去の関連記事:トロピカル・スパイス・ガーデン(マレーシア・ペナン島)の植物たち【ウォーターガーデン~熱帯雨林 編】

【過去の関連記事:トロピカル・スパイス・ガーデン(マレーシア・ペナン島)の植物たち【スパイステラス編】

私自身の現在の志向、及び、経験のバックグラウンドにより、この「EN 燕 the garden」へは泊まりに行きたいという気持ちが強いです。

実際に宿泊出来たら、レポートをさせていただきます。

「EN 燕 the garden」の情報



名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す