2011年に開園したオホーツク流氷公園のラベンダー園は見応えがありそうです。

北海道のラベンダーというと、ほとんどの人が「富良野」を思い浮かべると思いますが、最近は、富良野以外のラベンダー畑も知名度が上がってきているように感じます。

昨年(2019年)は、1987年に120株のラベンダーから始まり、現在では8000株まで増えた、札幌市にある「幌身峠ラベンダー園」へ足を運びました。

【過去の参考記事:札幌市街を見渡せる「幌見峠 ラベンダー園」の眺めは、素晴らしかったです。売っているクラフトもお洒落でした。】(2019年7月23日)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

札幌市の幌見峠 ラベンダー畑へ来ています✨ 関東周辺は、ラバンディン系グロッソメインのラベンダー畑がほとんどですが、こちらはアングスティフォリア系の濃紫早咲がメインで、あとは一部におかむらさきが咲いていました😊 売店には、バイオレットメモリーの三年ものの苗が置かれていました。 爽やかな風が吹いています✨ #ハーブアロマの専門家の集合サイト #placeauxherbes #プラースオウエルブス #enjoyherballife #エンジョイハーバルライフ #ハーブのある暮らし #香りのある暮らし #スパイスのある暮らし #アロマ #ハーブ #スパイス #herb #aroma #spice #アロマテラピー #植物療法 #薬膳 #アーユルヴェーダ #ハーバリスト #ハーバルセラピスト #ハーブティー #アロマスプレー #精油 #エッセンシャルオイル #北海道旅行 #ラベンダー #幌見峠ラベンダー園

S.Kayamori(@enjoyherballife)がシェアした投稿 –

とても眺めのいい高台にあるラベンダー畑で、多くのお客さんで賑わっていたことを鮮明に記憶しています。もし、改めて夏に札幌に行く時があれば、このラベンダー園はもう一度行ってみたい気持ちが強いです。

富良野以外にもこのような魅力的なラベンダー畑があることに喜びを感じたのですが、つい先日、同じ北海道にあるラベンダー畑に関する情報で気になるニュースを見ました。(以下)

ラベンダー袋いっぱい 刈り取り体験 紋別で始まる

ラベンダーの刈り取りを楽しむ家族連れ

 【紋別】見ごろが終わりつつあるラベンダーの「刈り取り体験」が1日、オホーツク流氷公園で始まった。爽やかな香りが漂う中、見る人を楽しませてきた花が次々と摘み取られていった。

 昨年は5日間で約100人が参加したが、新型コロナウイルスの感染防止が求められる今年は、3日間の期間中、1日2回、各5人に限定して開催した。

※北海道新聞の2020年8月2日の記事(https://www.hokkaido-np.co.jp/article/446307/)より抜粋

北海道紋別市のオホーツク流氷公園のことは知っていましたが、そこにラベンダー畑があることを知りませんでした。

早速オホーツク流氷公園のラベンダー関連の情報をチェックしてみることにしました。

上記の”紋別観光案内所”のページには、広大なラベンダー畑の写真と共に、”濃紫やオカムラサキなど4品種・1万7000本が植栽”されているという記載があります。

しかも、毎年、「オホーツクラベンダーフェスティバル」が開催されていることがわかりました。今年はコロナの影響で中止されていますので、以下に昨年のフェスティバルの情報を貼りますが、非常に充実した内容であることがわかります。

ラベンダー園の開園が2011年なので、まだまだ歴史は浅いですが、北海道紋別市においてすでにラベンダーが貴重な観光資源になっていることが伝わってきます。

オホーツク流氷公園は、大きくAブロック~Dブロックに分けられているのですが、ラベンダーだけではなく様々な楽しみ方ができる場所であることが以下のページからわかります。

あと、オホーツク流氷公園の季節ごとの状況は、以下の「オホーツク流氷公園ブログ」により情報をキャッチできます。最近の記事はラベンダー一色に染まっています!

絶対に近々足を運んでみたい場所です。

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す