100年前のレシピを基にしたクラフトコーラ『伊良コーラ』をはじめて試飲。コーラの味のこと改めて考えてみました。

今年6月の記事【コーラとは「バニラとシナモン風味のサイダー?」。コーラって本当に身体に悪いのか?】の中で、コーラの味というのはどのように作り出されているのかという内容について触れました。

記事の要旨としては、レッドブル社が販売している『シンプリーコーラ』という商品を飲んだ時に、”コーラナッツ”というものが原材料として書いていたので、これがコーラ味のほとんどを構成する要素だと思ったのですが、、

コーラナッツは非常に高価なため、今の安価なコーラにはほとんど使われていないと考えた方がよく、基本的には『バニラとシナモン』でコーラの味をある程度作り出すことができるという内容になっています。

レッドブル社が販売している『シンプリーコーラ』も、”コーラナッツ”という記載はあるものの、味のメインではなく、シナモンとバニラの味がメインになっていることが”冒頭の過去記事”でわかると思います。

小さい頃から、『コーラを飲むと骨が溶ける』『コーラはすごく体に悪い』という噂を聞きながら育ってきた私にとっては、上記の内容は非常に衝撃的なものでした。

恐らく、「コーラに含まれる糖分の多さ」によってネガティブなことが言われてきたのではないかと思うのですが、基本的には、”スパイスジュース”というのがコーラの本質だと思っています。

そんな折、先日、東京・青山のファーマーズマーケットにて、「伊良(いよし)コーラ」という生のクラフトコーラを販売されているお店が出店していて、長い行列ができていました。

カワセミをモチーフにしたロゴの「伊良コーラ」。このロゴは、空を飛び回る鳥が、アウェーな環境である水中に飛び込んで魚を捉えるカワセミの特徴と重ね、『コーラはクラフト(手作り)できないものだという常識や既成概念へ挑戦していく』という意味を込めたそうです。
店主のコーラ小林さん。サッカーの内田選手似のキリっとした顔立ちです。
店頭に置いてあるクラフトコーラ。テンションが上がります。
こちらが、コーラの語源になっている西アフリカ原産の『コラの実』。はじめて見れて感動しました。
私も行列に並んで、ひとつ注文。プラスチック容器の中には元々バニラ、シナモン、カルダモン、ナツメグなど10種以上のスパイス&柑橘類が最高の割合で混ぜ合わせて作られたエキスが入っていて、その中に炭酸水を注入してくれています。
レモンを入れて出来上がり~。この時、すでにヨダレが。。
ストローで良くかき混ぜて、飲んでみましたが、これは本当に美味しいです。無駄な味の無い、スッキリとした透き通るコーラという感じ。

冒頭のレッドブル社の”シンプリーコーラ”のコーラ味とは質が違うので、この伊良コーラは、『コーラナッツの比率が高いのかもしれない』と感じました。

コーラナッツを入れなくても今の世の中で認識されているコーラの味は作り出せるけど、コーラナッツの比率を増やすと”本来のコーラ味”が浮き出てくる予感もしました。

コーラ小林さんの祖父(故:伊東良太郎さん)は和漢方職人で、調合技術のエッセンスを授かり、コーラ小林さんの好きなコーラにそのエッセンスを注入することでこの伊良コーラが誕生したそうです。

クラフトコーラのお店は最近徐々に増えてきている様子がInstagramでも伺えるので色々とチェックしていきたいと思います。

伊良コーラの情報

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す