健康的なランチが人気のメディカルハーブ専門店「Diana cafe(ディアーナ カフェ)」@兵庫県三木市

昨年6月に兵庫県淡路島で開催された「ハーブサミット」へ出席する際に、神戸布引ハーブ園などのハーブスポットを巡ったことをキッカケとして、兵庫県はハーブ・アロマ好きにとって魅力的なエリアであることを認識しました。

【過去記事:神戸布引ハーブ園の初訪問レポート【ロープウェイ~ウェルカムガーデン編】】(2019年6月3日)

【過去記事:「香りの文化」が根付く淡路島にて、お線香の原料など、様々な香りにまつわる展示に出会いました。】(2019年6月10日)

魅力的なスポットが点在しているが故に、ハーブ・アロマが好きな人が兵庫県に移住した例も知っています。

恐らく、そのような人(ハーブ・アロマが好きだから兵庫県に移住した人)は一定数いるという仮説を持っているのですが、その理由は、ハーブ・アロマに関連する専門店・団体等が、他の都道府県を比較して相対的に多いと感じるからです。

以下に、過去に取り上げた、兵庫県にある専門店の記事を貼ります。

【過去記事:Herb Laboratory(ハーブラボラトリー) が、神戸・三宮にハーブ専門店&カフェをオープンしていることを知りました。】(2020年11月17日)

【過去記事:【ラベンダーパーク多可とセットで訪問したい!】石窯ピザとハーブのカフェ「スオミガーデンズ」(兵庫県多可郡)】(2020年11月5日)

【過去記事:兵庫県丹波市の「薬草薬樹公園」がリニューアル。風呂・食・工房体験がセットになった魅力的な場所です。】(2020年10月1日)

【過去記事:兵庫県淡路市のカレンデュラ生産農家『廣田農園』について。カレンデュラが淡路市の特産だったことをはじめて知りました。】(2019年4月12日)

【過去記事:”医療アロマ”を取り扱うアロマ専門店「shop&cafe And Herb(ショップ・アンド・カフェ・アンドハーブ)」】(2020年4月9日)

【過去記事:淡路島のハーブ愛好家らでつくるグループ『淡路島ハーブ研究所 エルブアロマティーク』について】(2019年5月30日)

【過去記事:国や県・各大学とさまざまな研究を行なう「香寺ハーブ・ガーデン@兵庫」の特徴について】(2018年3月5日)

これらの内容を見ると、改めて兵庫県をじっくりと巡りたいという欲が沸いてきます。

今日は、同じく兵庫県にある魅力的なメディカルハーブ専門店について取り上げたいと思います。

【三木】「Diana cafe(ディアーナ カフェ)」メディカルハーブを取り入れ体の調子を整えよう♪

【三木】「Diana cafe(ディアーナ カフェ)」メディカルハーブを取り入れ体の調子を整えよう♪

三木市加佐にある「Diana cafe(ディアーナ カフェ)」は、ハーバルセラピストの資格をもつオーナーが営むメディカルハーブ専門店。約30品目を使用した、ボリュームたっぷりの健康的なランチが人気です。数十種類のハーブを組み合わせた、体の調子を整えるハーブティーも一緒に。

幅広い世代に人気の「Diana cafe(ディアーナ カフェ)」

三木小野ICから車で5分、シックなブルーの壁にホワイトの扉がオシャレな「Diana cafe」。ハーバルセラピストの資格をもつオーナーが手掛ける、メディカルハーブ専門店です。自身の不調をキッカケにメディカルハーブを学び、その知識をたくさんの人に広めたいとカフェをはじめました。その噂は口コミで広がり、美意識の高い女性はもちろん、幅広い年代の老若男女が絶えず訪れています。

「Diana」はローマ神話に登場する月の女神にインスピレーションを受けて付けたそう。医食同源をテーマに、自然な植物の力で自身の健康を担う大切さをお客さんに伝えています。

トルコブルーとホワイトを基調とした店内。心安らぐ空間で、1人でも気兼ねなくくつろげます。

メディカルハーブを取り入れた健康ランチ

『今週のlunch』1,380

ランチは週替わり。4〜5種類の選べるメイン料理に、6〜7種類の小鉢、サラダ、ごはん、みそ汁がついています。約30品目を使用したボリュームたっぷりのランチは、おかずの品数が多く男性でも満足できると好評なんだそう。オーナーお気に入りの丹波焼きの器にも注目です。

取材日に選んだメイン料理は、外はカリッと中はジューシーな「国産鶏ハーブ唐揚げ」。ホーリーバジル、月桃、ローズマリー、ディルなど香りが強く食べにくいと思われがちなハーブを粉砕し、自家製のタレと合わせ、「Diana cafe」ならではの味わいに仕上げてあります。

小鉢には、地元の新鮮な魚や野菜をふんだんに使用。味付けのバランスを考えた、季節を感じる彩り豊かなメニューが並びます。取材日の大根、白ネギ、レタス、サツマイモは自家栽培のもので、ごはんは白米と玄米をブレンド。十八穀米や炊き込みごはんが登場することもあり、訪れる度にさまざまな料理に出合えます。みそ汁のだしや調味料もオーナーが体に良いと思うものを選択。自家製のハーブ塩でアクセントを効かせたり、甘みにはてんさい糖やきび糖を。白砂糖は一切使っていません。

食前に提供するウェルカムウォーターにもこだわり、週替わりでハーブティーを用意しています。取材日は「ホーリーバジルウォーター」。女性特有の症状やイライラを軽減してくれるそうで、クセがなくスッキリとした味わいです。

『本日のケーキ&アイス』550

スイーツは日替わり。ハーブを生地に練り込んだケーキが登場することもあり、内容は訪れてからのお楽しみです。取材日のスイーツは「自家製ガトーショコラ」。チョコレートの風味が濃厚で食べ応えがあります。ラズベリーチーズアイスとフランボワーズアイスの酸味との相性もバッチリ。デザートまでしっかり堪能してもらいたいと、エディブルフラワーや季節のフルーツをあしらった美しいビジュアルにも注目です。

ランチタイムは満席になることもあるので事前予約がベター(予約は11:30までの来店に限ります)。

体調に合わせて選べるオーガニックハーブティー

店内には約70種類のオーガニックハーブが並んでいます。これらを組み合わせ、体の不調に合わせて作るオリジナルハーブティーの数は無限大。好みの香りや体調に合わせてブレンドしてもらうことも可能です。

『ひとみ』500

甘酸っぱいブルーベリーの風味が特徴のオリジナルハーブティー『ひとみ』。アイブライトやビルベリーリーフなど11種類のハーブをブレンドしています。パソコンやスマホで目を酷使している人にオススメで、眼精疲労を和らげる1杯。ランチとセットの場合は350円とお得です。

このほかにも、あらゆる体調に合わせたハーブティーメニューが豊富。食べすぎ、飲みすぎた時にピッタリな『あぁ愛しの肝臓』や、不摂生な夜を過ごしてしまった時の気分をスッキリしてくれる『罪な私を許して…』など、お茶目なネーミングで選ぶのもワクワクしますね。ぜひお気に入りの1杯を見つけてみて。

自宅で気軽に再現できるリーフタイプのシングルハーブティーも販売(15g/500円~)。数種類を組み合わせて好みのブレンドハーブティーを作るのも醍醐味の一つです。日々の生活に少しずつハーブを取り入れ、豊かなハーバルライフを送ってみては?

■詳細情報

■DATA

Diana cafe

所在地 兵庫県三木市加佐273-2-6

電話番号 0794-60-2582

営業時間 11:00〜ランチなくなり次第閉店

※TANOSUの2020年12月30日の記事(https://tanosu.com/cafe/74019/)より抜粋

家の近くにこんなお店があったら、週1以上で通うと思います。

抜粋記事で紹介されているランチはぜひ食べてみたいですし、オーナーの方と色々と会話をして、様々なこだわりポイントについて伺ってみたいです。

Diana cafeのSNS

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す