「クロモジ精油」の認知機能への効果探る臨床試験について

Like! Provence – プロヴァンスが大好きな、貴方へ。(バナーをクリック!)

今から2年以上前に、「クロモジ」のハーブティーを初めて飲んだ時、その香りと風味の良さに惚れ込んで以来、定期的にそのハーブティーを飲むようになりました。

クロモジは、ローレル(月桂樹)やシナモンと同じクスノキ科に属するハーブであり、且つ、含有する精油成分においては、ラベンダーの主成分であるリナロールをはじめ、バラにも含まれるゲラニオール、森林調のシネオールも含まれていて、奥ゆかしい品のある香りが特徴的です。

最近は、養命酒製造からクロモジのインフルエンザ予防に対する効果について研究結果が公表され、且つ、その効果を謳ったクロモジの飴がコンビニでも売られているので、認知度は高まってきているのではないかと思います。

以下に過去取り上げたクロモジ関連の記事を貼ります。

伐採期以外の林業の「副業」として、福井県池田町の夫婦が「クロモジ」を使用したハーブティーを開発・商品化。】(2020年3月21日)

「クロモジ」エキス配合飴の摂取によって”風邪症状の低減効果”が確認されたようです(愛媛大学、養命酒製造の実験)】(2019年11月15日)

クロモジの研究、生産、加工、商品化等の流れが「産官学連携」の枠組みで加速していきそうです。】(2019年8月4日)

代表的和ハーブの「クロモジ」のお茶をはじめて飲みました。香り高く美味しかったです。】(2018年9月30日)

今日は、クロモジに関する違う切り口についてのニュースをご紹介します。

認知機能への効果探る 「クロモジ精油」で臨床試験 性格が穏やかに?

被験者にヒメクロモジオイルを塗るデイサービスセンター「すみれ」の職員=2020年11月16日午後1時56分、兵庫県丹波市柏原町挙田で

日本園芸療法学会認定の上級園芸療法士、菊川裕幸さん(31)=兵庫県丹波市教育委員会文化財課職員=は、同市産ヒメクロモジ(クスノキ科)の精油を用いたアロマセラピーが要介護の高齢者の感情やストレス変化、認知機能などに良い効果をもたらすと仮説を立て、同市内のデイサービスすみれ(久下松代代表取締役)で臨床試験を行っている。九州大学病院臨床試験倫理審査委員会の承認を受け、臨床試験に乗り出した。

ヒメクロモジ精油の効果を探るべく、「ストレスホルモン」とも呼ばれるコルチゾールの値を測るための唾液の採取や、感情を分析できるリストバンド型の測定器で幸福感や怒りの感情を数値化。認知診断検査も数回行い、認知機能の変化も検証する。

被験者は要介護認定を受けている同施設の利用者男女10人。まずはプラセボ効果(偽薬を効き目のある薬を服用していると本人が思い込むことによって、病気がよくなること)を狙い、精油の入っていないオイルを職員が被験者の両肩に塗り、脳に負荷をかける折り紙や塗り絵などのレクリエーションを行う。週2回、2週間続けた後、今度は精油を1%に希釈したオイルを両肩に塗り、同様の実験を同期間、同じ要領で実施する。精油を希釈したオイルを使用している「介入期間」中は施設にいないときにも同オイルを染み込ませたタオルを常に装着して過ごしてもらう。

介入期間を終えると約10日間の「ウォッシュアウト」期間を設け、アロマ効果をリセットしてから第2クールに入る。手順や期間は第1クールと同様。臨床試験の終了は今月下旬となる見込み。

久下代表取締役は、「ヒメクロモジオイルを塗布し始めてから、長時間座っていられたり、性格が穏やかになられたりする人もいる。効果が実証できれば、家族のストレスは低減され、在宅介護の推進にもつながるのでは」と期待している。

菊川さんによると、要支援・要介護の高齢者を対象としたヒメクロモジ精油によるアロマセラピー効果を検証した事例は国内ではみられないとし、「効果が認められれば、アロマは導入も非常に簡単なため認知症予防プログラムに組み入れやすい。市内の山林に数多く自生するヒメクロモジを資源として使用できるので、新ビジネスの創生にもつながるのでは」と話している。

※丹波新聞の2020年12月5日の記事(https://tanba.jp/2020/12/%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e6%8e%a2%e3%82%8b%e3%80%80%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%a2%e3%82%b8%e7%b2%be%e6%b2%b9%e3%80%8d%e3%81%a7%e8%87%a8%e5%ba%8a/)より抜粋

クロモジの認知機能に対する効果検証のアプローチについては、割と以前から実施されているようです。

臨床試験の終了は今月下旬ということですので、結果が非常に楽しみです。

恐らくですが、来年の1月~3月の間に結果が公表されるのではないかと思いますのでウォッチしておきたいと思います。

※クロモジの歴史と効果効能については以下のサイトがバランスよく纏まっています。

2022年7月22日にハーブ・アロマ商品特化型の国際商業マッチングサービス【HerbaromaTrade(ハーバロマトレード)】が正式リリースされました!

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す