漢方スクールの「薬日本堂」は、様々な事業(薬膳レストラン等)を展開していることを知りました。

以前、ブログの中で、中医学をベースとした薬膳の領域に対しての興味が出てきており、学びを深めていきたいという内容を書いてから、漢方スクールに関する情報が少しずつ集まりつつあります。

その情報の中の一つとして、東京都品川区に本社を置く「薬日本堂株式会社」が運営する漢方スクールは、薬膳を学ばれている方にとってはメジャーな学校であることがわかってきました。

講座のメニューも非常に豊富なので、8月以降に1DAY講座的なものを体験してから、具体的な講座を検討しようかなと思っているところです。

講座を受けるのが、とても楽しみなのですが、その「薬日本堂」に関するニュースが先日入ってきて、その中で気になる情報がありました。

【ワンコイン体験イベント】食材選びを学べる漢方入門セミナーと「くらしの和漢」イベント限定メニューの試食会を実施

株式会社 永谷園(社長:五十嵐 仁、東京都港区)と薬日本堂株式会社(社長:河端 雅枝、東京都品川区)は、漢方や和漢素材に関心を深めていただくため、ワンコインで漢方養生を体験できるコラボイベントを2019年6月25日(火)に実施しました。2社の公式HP、Instagram、Facebookよりご応募いただいた方の中から抽選で19名様にご参加いただきました。

◇第1部の「漢方入門セミナー」では夏にそなえる食材選びのヒントを紹介!
今回は薬日本堂漢方スクールの鈴木養平氏を講師にお招きし、「優しい漢方入門。夏にそなえる養生ごはん。~猛暑を乗り切る!食材選びのヒント~」と題して、これからの季節に知っておくと便利な食生活の知恵を、漢方養生の視点から解説いただきました。食の知識以外にも “舌の状態”を診て簡単に体調チェックができる方法やこの時期おすすめのツボの紹介など実践も楽しく交えながら、これからの暑い季節に活用できる内容となりました。

◇第2部では「薬膳レストラン 10ZEN(ジュウゼン)」にて、「くらしの和漢」シリーズを使ったイベント限定メニューの試食会を実施
セミナー後は「薬膳レストラン 10ZEN」で「くらしの和漢」シリーズを使用したイベント限定メニューの試食会を行いました。セミナーで学んだ食材をトッピングに使用した「くらしの和漢 鶏粥」をはじめ、「同 はちみつ和漢酢」や10ZEN考案の薬膳デザートの盛り合わせ、とワンコインとは思えない充実の内容となりました。
イベントにはお一人でご参加いただいた方が多かったのですが、おいしい食事に自然とコミュニケーションも生まれ、悩みを共有しあったり、併設施設の「ニホンドウ漢方ブティック」で一緒にお買い物をしたりと終始和やかな雰囲気に包まれていました。
参加者の方からは「楽しいイベントに参加できてよかった」「知識がなくても楽しく受けられた」などご好評いただき、初心者の方でもご満足いただける充実のイベントとなりました。

PR TIMESの2019年7月12日の記事(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000158.000020257.html)より一部抜粋

私が個人的に気になったのは、『10ZEN(ジュウゼン)』という薬膳レストランです。

この薬膳レストランはどこにあるのだろうと調べたところ、この薬膳レストランも、実は、薬日本堂が運営していることがわかりました。

以下、10ZEN(ジュウゼン)のホームページです。

私はお昼時によく品川を通るので、ランチをまずは試してみたいと思いました。

ここで、 「薬日本堂はどんな事業を他に展開しているんだろう」と思ったので、少し調べてみました。

以下が、薬日本堂(株)が展開する事業内容をまとめたページです。

私は注目したのは、漢方ブティック事業なのですが、品川本店について調べてみると、以下の表記がありました。

港区高輪にある品川本店は、薬日本堂株式会社が世界へ向けて発信するニホンドウ漢方ミュージアム内にあり、店内には健康茶や食材、自然派化粧品など、気軽に漢方ライフスタイルを体験できるアイテムを取り揃えております。

この”ニホンドウ漢方ミュージアム”のことが気になり調べてみると、4つの柱から成り立っていることがわかり、先程紹介した「薬膳レストラン 10ZEN」もその一つでした。

ニホンドウ漢方ミュージアム(漢方養生LIFEの提案型複合ショップ)
1.漢方スクール
2.漢方ギャラリー
3.漢方ブティック
4.10ZEN

Webページの漢方ギャラリーの部分を拝見すると、非常に面白そう!

薬日本堂に実際に足を運ぶことで、また様々な学びを得られそうなので、楽しみがまたどんどん膨らんできました。

薬日本堂の情報

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す