茨城の女性グループ エディブルフラワーを使ったソーセージを開発

昨年末、話題になっていた「いばらきフラワーパーク」の記事を取り上げたことがあります。

【過去記事:「いばらきフラワーパーク」のリニューアルは、青山フラワーマーケットの運営会社が行ったことを知りました。】(2021年12月16日)

茨城の茨(イバラ)は、薔薇に由来し、県花も薔薇という事実を知って以来、茨城県の花事情には大きな興味を抱いているので、茨城県内をじっくりと巡りたいと思っています。

今日は茨城県のニュースを取り上げたいと思います。

【茨城県】茨城・高萩の女性グループ 食用花ソーセージ開発 無添加、栄養素も豊富

食用花を混ぜ込んだソーセージを開発した茨城オトナ女子会の高桑恵里さん、高久香里代表、池田春美さん(左から)=高萩市内

大人の女性に向けた各種イベントを企画する茨城県高萩市の市民グループが、同市の農園で生産されたエディブルフラワー(食用花)を混ぜ込んだソーセージを開発した。メンバーは、調理しやすく彩りもいいソーセージを家庭で楽しんでもらうことで「ゆったりした時間をつくってもらいたい」と話す。

市民グループ「茨城オトナ女子会」(高久香里代表)が主催する食育プロジェクト「いばらきほりっく」が開発した。食用花の種まきから収穫まで子どもたちや家族が体験するイベントを、同市高萩の柴田農園で開くようになったことを機に、ソーセージ開発を始めた。

同農園は2020年から食用花の栽培を手がけ、化学農薬を使わないことや土耕栽培にこだわる。ソーセージも「無添加」にこだわり、保存料や着色料、化学調味料を使わない。

今回の製品にはマリーゴールドを入れ、オレンジ色の花が肉の中に見て取れる。眼病予防に効果的とされるルテインなどの栄養素も豊富という。今後は四季ごとに花の種類を変えたり、複数の種類を入れたりしたい考えだ。

加工業者を探す中、食用花を混ぜ込む珍しさから何社からも断られたが、食肉加工の麻生ハム(行方市)が引き受けた。同社が仕入れた県産豚を使いソーセージを製造する。

高久代表は「ソーセージは調理が簡単なので、食事に関する心と時間の負担を減らせる。子を持つママは自分を後回しにしがちだが、ママが自分の時間を持つことでほっとできる。それは家族にとっても大切なこと」と商品に込めた思いを語る。

商品は4本(150グラム)入りのソーセージ2袋のほか、華やかなワンプレートにできるよう食用花約20輪、ベビーリーフ50グラムをセットにした。同農園のネットショップで注文でき、6日から順次発送する。セットは3500円。ハーブの新芽も入れた別のセットもある。いずれも送料別。ネットショップのURLはhttps://shibatanoen.thebase.in/

食用花を混ぜ込んで開発したソーセージなどのセット(茨城オトナ女子会提供)

※茨城新聞クロスアイの2022年5月6日の記事(http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16517497006953)より抜粋

確かに、ソーセージの中にエディブルフラワーを混ぜ込むという発想が斬新なので、協力してくれる加工業者を探すのに苦労したというのが納得できます。

ソーセージの見た目を彩り、且つ、栄養素の観点でも多様性を提供するエディブルフラワーの活用は、今後市場の中でどのように受け入れられていくのかウォッチしていきたいと思います。

☝のオンラインショップを見ると現在Sold Outになっていますので、買えるようになったら試食してみたいと思います。

6月11日にハーブ・アロマ商品特化型の国際商業マッチングサービス【HerbaromaTrade(ハーバロマトレード)】のβバージョンがリリースされました。以下のバナーをクリックください。

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す