広島・島根ハーブ巡り記【香山 ラベンダーの丘-編】

本日も引き続き、「広島・島根ハーブ巡り記」をお届けします。

【昨日の記事:広島・島根ハーブ巡り記【香木の森公園-編】】(2021年6月9日)

香木の森公園のスタッフの方に、広島県でお勧めのハーブ園を伺ったところ「香山 ラベンダーの丘」という情報が出てきたので、早速向かうことにしました。

1時間半以上車を走らせると、目的地の「香山 ラベンダーの丘」に到着しました。
こちらが受付。名前と場所だけを確認して訪問した為、事前情報がほぼ無い状態なので、どんなハーブガーデンなのか非常に気になります。
こちらが受付で頂いた園内マップ。想像以上に大きいことがわかり、テンションが上がってきました。。
受付からてくてく歩くと、まずこちらの花時計がお出迎えしてくれました。
こちらが摘み取り用のイングリッシュラベンダー。6月5日(土)からラベンダーフェスタが開始していて、私が訪問したのはちょうどその当日。ラッキーでした。
ネモフィラ
ガーデンがお洒落でとにかく綺麗です。
こちらはハンモック広場。こんなにたくさんハンモックが設置されているハーブガーデンは初めてです。神戸 布引ハーブガーデンにもありましたが恐らくそれ以上の数。ハンモックに揺られて至福のひとときを過ごしました。
こちらがハーブ苗売り場
こちらはローズのアーチは癒されます。
こちらがラベンダーカフェ。
とてもお洒落! 奥右手はショップです。
ではメニューを選択します。美味しそうなものばかりで迷います。。
最終的に、ラベンダーカルピス、カモミールワッフル、ブルーベリーソフトクリームを注文。カモミールワッフルにはカモミールの花が粒ごとたくさん入っていて衝撃的でした。また、一番人気のブルーベリーソフトも果肉がたくさん入っていてめちゃウマ!
最高のカフェタイムを過ごしたあと、最後にもうちょっとだけ園内をぶらつくことにしました。こちらはすでにカモミールは終わりかけでした。同じ広島県内でも、天意の里ハーブガーデン(北広島)とはピークタイミングは異なることがわかりました。
こちらはグロッソラベンダー畑。
これから本番を迎えます。
こちらはブルーベリー畑
いい感じに色づいてきています。
こちらはポピー畑ですが、やはりもう終了という感じ。ポピーは4月~GWあたりがピークですね。
香山ラベンダーの丘を運営する黒瀬農園は、全国へハーブ苗の出荷にも力を入れているので、巨大なビニールハウスがいっぱいあります。この体制も、魅力的なハーブ園を生み出せる源泉になっているようにも感じました。

香山ラベンダーの丘の存在は、今回広島県に行くまで全く知らなかったのですが、今回訪問してみて、ガーデンのクオリティーの高さ、規模感、カフェの充実度等、そのトータルの魅力に圧倒されました。

完全に身も心も満たされたところで、香山ラベンダーの丘を後にすることにしました。

「香山ラベンダーの丘」の情報

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す