【3月1日~3月31日:東京・渋谷ヒカリエ】南仏プロヴァンス生まれのグロサリーブランド「メゾンブレモンド1830」が期間限定出店

新型コロナウィルスの影響で、人が集まるイベントというのは自粛の傾向が日々強まっている状況となってきていますが、イベント好き、且つ、春が大好きな自分にとっては少し寂しいです。(状況として、仕方がないことは理解していますが、、)

例年だと、3月~4月にかけては、野外でのイベントの情報はもっともっと多いのですが、今年は、このような情勢もあり非常に少ないです。

しかしながら、こんな中でも、ハーブ好きにとって興味深いイベント情報が入ってきましたのでご紹介します。

南仏発「メゾンブレモンド1830」の美味しさを渋谷で、渋谷ヒカリエに期間限定で出店。

[株式会社Maison Bremond 1830 Far East]
https://mb1830.jp/


食材に対するこだわりの強さに感銘を受け、コスメブランド「ロクシタン」の創業者オリヴィエ・ボーサンが2015年に事業を引き継いだプロヴァンス生まれのグロサリーブランド「メゾンブレモンド1830」が、渋谷ヒカリエに2020年3月1日(日)から2020年3月31日(火)の期間限定で出店いたします。

南仏プロヴァンスからやってきた「メゾンブレモンド1830」は、フレッシュな香りが魅力のフレーバーオリーブオイルや、旨味たっぷりのハーブソルト、自然な甘みで幅広くお楽しみいただけるフルーツビネガーや濃厚な味わいで大人気のスプレッド等、クオリティの高さと多彩なラインナップで、2018年の日本初上陸以来、着実にファンを増やし続けています。

2020年2月16日(日)に惜しまれつつ閉店した「渋谷ヒカリエShinQsメゾンブレモンド1830直営店」が期間限定で復活いたします。

■出店概要
期間:2020年3月1日(日)~2020年3月31日(火)
場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエShinQs B2F
営業時間:10:00~21:00

メゾンブレモンド1830(イチハチサンゼロ)とは:

1830年に当時珍しかったパティスリー兼デリカテッセンとしてプロヴァンスで創業したメゾンブレモンド1830は、”フランスの伝統菓子や香辛料の製造・販売等を通して、お客さまに最高の商品を提供すること”を大切に守り、素晴らしい生産者の発掘に力を注いできました。2015年、プロヴァンスで生まれ育った「ロクシタン」の創業者オリヴィエ・ボーサンが同社の企業姿勢に強く感銘を受け事業を引き継ぎ、地元の生産者とともにオリーブオイル、トリュフ製品、コンフィチュールなど、こだわりの美味しさとプロヴァンスの豊かな食文化が詰まった商品を皆さまにお届けしています。

【お問い合わせ先】
株式会社Maison Bremond 1830 Far East
HP:https://www.mb1830.jp
TEL:0120-70-1830
Mail: cs@mb1830.jp
直営店HP:https://mb1830.jp/pages/store
Instagram: https://www.instagram.com/maisonbremond1830_jp
Facebook: https://www.facebook.com/MB1830Japan

※PR TIMESの2020年2月28日のプレスリリース(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000038715.html)より抜粋

「メゾンブレモンド1830」の商品の数々を直接手にとって、確認したくなってくる内容です。

「メゾンブレモンド1830」のHPを確認してみると、東京・日本橋の高島屋に”期間限定出店ではない”【直営店】が存在していることがわかりました。

また、どんな商品が売れ筋なのかを、以下の「Best Seller」のページから確認できます。

個人的に気になる商品は以下です。

写真だけではあるのですが、どれもこだわりを感じる品々です。

さらに、以下のBLOGから、「メゾンブレモンド1830」のイベント情報や、商品の最新情報などをキャッチアップできます。

まずは、渋谷ヒカリエか、日本橋三越へ足を運び、商品を購入し、そのクウォリティーを体感してみたいと思います。

楽しみになってきました。

【過去の関連記事:南フランス・プロヴァンス地方の郷土料理を味わえる老舗フレンチ料理店『ラブレー』(東京・代官山)

【過去の関連記事:南フランス・プロヴァンス地方へ行ったら「シャンブル・ドット」で宿泊してみたいと思いました。

【過去の関連記事:ドローン映像で見るラベンダーの聖地 南フランス・プロヴァンス地方に魅了されました

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す