「海のもの山のもの」が提供する石垣島産ハーブ・スパイス商品は好奇心がそそられる件

業界初のハーブ・アロマ商品特化型の国際商業マッチングサービス【HerbaromaTrade】は世界のハーブ産業の新しい未来を創ります!※バナーをクリックできます

今まで、日本の南側の島については、沖縄本島、及び、西表島(イリオモテジマ)の2つの島に旅行をしたことがあるのですが、ハーブの魅力を知る前だったため、ハーブを主体にした旅というのをしたことがありません。

ただ、沖縄本島の周辺にある八重山諸島や宮古諸島と呼ばれる、いわゆる沖縄離島に原生するハーブのことを知るうちに、ハーブを主体とした沖縄離島めぐりの旅をしたいと思うようになりました。

以下の2つの本は、沖縄離島のハーブの魅力がよく伝わる内容だと思いますので、ご紹介します。

寝る前にたまに見るのですが、見る度に沖縄離島のハーブ巡りをしたくなります。

そんな思いを持っていますので、沖縄離島関連のハーブ・スパイス関連のニュースが入ってくるとチェックするようにしています。

そんな中、先日、沖縄の観光情報を提供する「沖縄CLIP」という情報ページで、石垣島に昔からある野草やハーブ、スパイス、フルーツなどを生産し、さまざまな調味料などを製造販売している『石垣島 海のもの山のもの』という組合法人があることを知りました。

『石垣島 海のもの山のもの』のホームページには、組織の背景についての情報が少なく、且つ、沖縄CLIPに掲載されていた情報はどんな法人なのかがよくわかる内容でしたので、以下に抜粋します。

島の恵みをぎゅっとつめこんだ調味料をつくる、石垣島『海のもの山のもの』

石垣空港から、車で北に10分ほど行ったところにある星野集落。のどかな集落のなかに、石垣島 海のもの山のものはあります。

店舗と加工場を持つ“うみやま”は、島に昔からある野草やハーブ、スパイス、フルーツなどを生産し、さまざまな調味料などを製造販売しています。

商品は、島七味、シークヮーサーこしょうなど、香辛料やソース、ハーブティーなど30種類ほど。島の大自然のなかで育てたもの、それから、海でとれる海藻を大切にブレンドし、加工しています。

代表は2代目となる曽我潮丸さん(右から2番目)。もともと海のもの山のものを始めたのは、東京から星野集落へ移住した曽我定治さん、由美子さん夫妻。東京とはまるで違った島の食材を目にした曽我さん夫妻は、それらを育てる農家になりました。サトウキビやハーブ、島カボチャなどを育て、販売。そして、いまから23年前に海のもの山のものを設立しました。島のものをつかった調味料などはまだほとんど販売されていなかった時代で、いちばん初めに製品化されたのは月桃やウコンが入った島七味です。定治さんはもう引退していますが、由美子さんは現在も加工製造を担当しています。

いま力を入れて育てているのはヒバーチ。ピパーチやピパーツとも言われる、八重山そばには欠かせない、あの香辛料です。

ヒバーチ畑におじゃますると、わさわさと繁る緑の葉っぱのなかに、かわいらしい形をしたヒバーチの実が育っていました。大きくなって赤く熟したら収穫です。島胡椒ともいわれ、独特な風味を持つヒバーチは乾燥させて粉末にして使います。

商品の原料となる島とうがらし、ヒバーチ(右下)、月桃の実(右上)。すべて、うみやまの畑で丁寧に育てられたものです。私はコーレーグース(泡盛に島どうがらしを漬けたもの)や生七味など、うみやまさんの商品をふだんから愛用しているのですが、今回初めて試させてもらった「島ハリッサ」、ハマりました。ふたを開けると、なんとも食欲をそそる香り。長命草など島のハーブとクミンなどの東南アジアのスパイスが出会った新しい香りで、辛みもしっかり。これだけで料理の味付けが完成してしまう一品です。なんにでも合っておいしく、リピート決定です。

潮丸さんが世話をするパイナップル畑。パイナップルも商品のソースなどに使用されています。最近飼い始めたヤギには畑で抜いた草を与え、ヤギの糞は今後堆肥を畑に活用していこうと考えているところ。小さいことだけれど循環させながら。この島だからこそ育まれるおいしいものをもっともっと知ってほしいと、こつこつと商品をつくり続けている海のもの山のもの。そんな小さな製造工場から生まれた、島の栄養たっぷりの商品をぜひ味わってみてください。
※沖縄CLIP 2018年1月29日版より抜粋

こうやって見ると、私自身、石垣島で用いられている香辛料の事情等について全くの無知であることがわかりました。

『島七味』の中に月桃とウコンが入っているというのは非常に新鮮です。

さらに、『島胡椒』と呼ばれるヒバーチも名前は知っていますが、実際の風味・味をまだ体験したことがありません。

『石垣島 海のもの山のもの』のホームページにいくと、オンラインショッピングができるようになっていましたので、早速、上記の記事のライターさんがハマったという「島ハリッサ」、及び、個人的に興味のある「島七味」「ヒバーチ(島胡椒)」の3点を購入しました。

この3点は届き次第、レポートをさせて頂きます。

レシピのページもあるので、ぜひに参考にしたいと思います。

『石垣島 海のもの山のもの』のオンラインショッピングの商品カテゴリーは以下の6つになっています。

島の食卓シリーズ
⇒調味料主体でメインのページ
島のそよ風シリーズ
⇒月桃の実とレモングラスのハーブティーが買えます
石垣島コンフィチュールシリーズ
⇒パイナップルのジャムですね
うみのもの、やまのもの、うみのもの
⇒もずく、スーナ、アーサ(石垣島の海藻)
海山厳選素材
⇒黒米
あすみおファーム
⇒パイナップルが買えます

 

「島ハリッサ」「島七味」「ヒバーチ」の3点を買ったあとに、月桃の実のハーブティーの存在を知りました。。

一緒に買いたかった!でも送料が2重にかかってしまうため、次回の発注のタイミングで買おうと思います。

沖縄離島のハーブについて、これからたくさんの体験を重ねていく予定です。

石垣島 海のもの山のもの
電話番号/0980-86-7757
住所/沖縄県石垣市桃里165-413
営/9:00~17:30
休/日曜
https://www.umiyama.org/

Like! Provence – プロヴァンスが大好きな、貴方へ。(バナーをクリック!)

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す