東京漢方・薬膳小旅行【~DAYLILY~編】

昨日に引き続き、 「東京漢方・薬膳小旅行」について書いていきたいと思います。

【昨日の記事:東京漢方・薬膳小旅行【~Arkhē apothecary&kitchen(アルケー・アポセカリー&キッチン )~編】

「アルケー・アポセカリー&キッチン」で至福のひとときと過ごした後、次の目的地である「DAYLILY」(有楽町マルイ内)に向かうことにしました。

新木場駅から約25分で、有楽町駅に到着。有楽町駅前のマルイの1FにDAYLILYがあります。

DAYLILYは、今マスコミでも取り上げられ始めているので知っている人も増えていると思いますが、今、若い女性に支持を得始めている「台湾漢方」のブランドです。

以前、取り上げた記事が以下。

【過去記事:以前紹介した、日本人と台湾人が立ち上げた漢方のライフスタイルブランド『DAYLILY』の支持が着実に得られているようです。】(2020年11月27日)

お店の正面は、漢方カフェという感じでドリンクが売られています。初めて見る雰囲気です。
お店の中に入ると、お洒落な光景が広がります。
お洒落光景②
お洒落光景③

では、置かれている商品をちょっと見てみたいと思います。

「台湾酸梅湯」
杏仁茶。台湾の漢方薬局には必ず置かれているという記載があります。
食べる薬膳茶。こちらは試食で美味しかったので購入することにしました。
青パパイヤと朝鮮人参のドリンク。こちらその場で一本飲んでみましたが、飲みやすく、且つ、薬効の高そうなコクのある風味でした。
霊芝紅景天が入ったドリンク。強力な感じが伝わってきます。
龍眼のドライフルーツ。台湾では美容・養生の定番が「龍眼」であることを初めて知りました。美味しそうなので購入してみました。
こちらは、ドライライチ。乾燥したライチは初めて見たのでこちらも購入しました。
こちらは、山査子のお菓子。中華街に行くとよく売られている定番お菓子。
美味しそうな(ナツメ)。こちらも購入しました。
こちらは、真珠粉サプリメント。真珠のパウダーが生薬として使用されていたことを初めて知りました。こちらは妻用に購入。
こちらは、購入したドライフルーツ3点セット。左からライチ、龍眼、ナツメ。一点ずつ試食してみました。
まずはライチ。殻を割ると中から実が出てきます。ちょっと固めですが、あのライチの味が生きていて美味しいです。
こちらは龍眼。これは美味しい!実が柔らかく、甘くて食べやすいです。また、薬効も高そうなことが濃厚な風味から伝わってきます。
DAYLILYのナツメは粒が大きく、フカフカしていて、かつ、フルーティー。美味しいです。
こちらは加工系の3点セット。左から、滋養強壮用ハーブシロップ・真珠粉サプリメント・食べる薬膳茶。一点ずつ確認してみました。
ハーブシロップ。黒糖とジンジャーをベースに黒棗、龍眼、シナモン、杜仲葉などが入っています。身体がポカポカして幸福感が増しました。
こちらは真珠粉サプリメント。台湾では昔から、母親が娘に対して真珠粉を飲ませるという美の秘訣があるそうです。こちらのサプリメントには、真珠粉以外に、ハトムギ・クコの実・ザクロの粉末も混合されています。美の秘薬という感じです。
こちらは、食べる薬膳茶。フリーズドライ小豆(砂糖で味付け)・棗・ハトムギが入っています。熱湯を注いで蒸らすととても美味しいです。

今回、はじめてDAYLILYの商品を購入してみて、品質がとても高いことを実感しましたし、尚且つ、”美味しさ”にすごく拘りを持っていることも伝わりました。

多くの女性たちに支持され始めている理由がわかりました。

漢方の世界に確実に大きな変革が起きています。

DAYLILYの店舗情報

DAYLILYのオンラインショップ

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す