スターバックスコーヒーで提供される「ユースベリー」というティーの正体とは

スターバックスコーヒーというのは、人気のあるコーヒーチェーン店ですが、個人的には普段あまり活用しません。理由は、ギラギラとした人が多く入ってくるので、なんだか落ち着かないからです。

ただ、先日名古屋出張へ行った際に、ちょっと休憩しようと思ったときにスターバックスコーヒーしかなく、且つ、店内にほとんど人がいなかったので利用することにしました。

かなり久しぶりの利用だったので、どんなメニューになっているのかについては、若干興味のある部分でした。

レジに行ってメニューを見ていると、ティーの項目に『ユースベリー』というものがありました。

ベリーの種類かと思い、店員に、「これは何ですか?」と聞くと、「酸味のある味なんですが、アップルの甘みがあって女性に人気のティーでございます」という回答。

「ブルーベリーティー」のような、単一のベリーのお茶ではなく、フルーティーなブレンドティーなのかな?とイメージしました。

とにかく初めてだったので、新しモノ好きの私としてはすぐに注文してみました。

スターバックスコーヒーの「ユースベリー」。赤みが綺麗です。
ティーバッグを拡大してみます。緑茶っぽい茶葉に、色々とブレンドされている感じです。

味は確かに、店員さんが言っていたように、酸味がありフルーティーさも強く、アップルの味もします。普通に美味しいという感じ。

この「ユースベリー」というティーの正体について、ネットで検索をしてみました。

すると、スターバックスコーヒーが提供する「TEABANA(ティーバナ)」というTEA専門のブランドから販売されているブレンドティーであることがわかりました。

TEABANAのブランドコンセプトは以下のように書かれています。

TEAを多彩に変えていく。

「Heaven of TEA」の意味を込め、今までなかったTEA体験を
お届けするために生まれたブランド、ティバーナ™。

香りと味の重なりあわせから次々とあふれ出すTEAの無限の可能性にどうぞご期待ください。
※スターバックスコーヒーのHPより

 

以下に、TEABANAのラインナップが見られますが、女性に人気の出そうなものが多いです。オンラインショップで購入も可能です。

そしてそして、ユースベリーについて確認してみました。

メニューのところで確認すると、ブレンド内容のところに「など」という表記があり大雑把な記載になっていましたが、プレスリリースのところに全てのブレンド内容がかかれていました。

『スターバックス® ティバーナ™ ユースベリー® 12袋入り』 ¥1,150
ホワイトティーベースにアサイー、パイナップル、マンゴーをブレンド。ローズヒップと酸味のあるアップルでバランスのとれた味わい。

私の感覚では、酸味はローズヒップ由来だったと思います。

ホワイトティー(白茶)というのは、Wikipediaによると、「主に中国の福建省で生産されている中国茶。製法(発酵度)による中国茶の分類(六大茶類)の一つである。弱発酵茶。」とあります。

白茶の詳細を知りたい方はこちらへ。

TEABANAのラインナップを見ていて気付いたのですが、ネーミングはシングルで書かれていても、ブランドコンセプト通り、実際は色々とブレンドされています。

例えば、「ハイビスカス」という商品は、ハイビスカスの他に、パパイヤ・マンゴー・レモングラスがブレンド。

また、「アールグレイ」は、ベースのベルガモットの他にラベンダーが入っています。

面白いブレンドですね。他のブレンドも試してみたいです。

次回スターバックスコーヒーに行ったときに、TEABANAを購入してみたいと思います。


名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す