【3月8日&3月13日】ミモザを使ったクラフト作りのオンラインワークショップ

春を告げる花としてヨーロッパでとても人気のある「ミモザ」が、今真っ盛りという感じでSNS上でも写真が溢れています。

主要な産地のフランスでは、90年以上続く伝統的なミモザ祭りが開催されており、ミモザがいかに愛されているかが伝わります。先日、神奈川県川崎市で現在開催されているMIMOSAフェスタの情報を取り上げましたが、期間中に必ず訪問したいと思っています。

【過去記事:「MIMOSAフェスタ2021」が2月15日から開催(神奈川県川崎市)】(2021年2月3日)

今日は、ミモザを使ったクラフト作りのオンラインワークショップの情報を紹介します。

春を呼び込むハンドメイドキットやレシピを公開

Craftieは、春に合わせてミモザの楽しみ⽅を提案。おうちでつくれるミモザのキットやハンドメイドレシピや、オンラインでも参加できるワークショップなどこの春いちばんに楽しみたいハッピーイエロー体験を届ける。

Craftieでは、「ハンドメイドで暮らしを豊かに」をコンセプトにハンドメイドに特化したワークショップ体験サイトをはじめ、400本を超えるオリジナルのハンドメイドレシピを掲載するメディア「 Craftie Style 」を運営している。

Craftieでは春を告げる黄色い花として人気の高い「ミモザ」を使ったハンドメイド体験を楽しんでもらうべく「Enjoy Mimosa, Enjoy Happy Yellow」をテーマにおうちでつくれるミモザのキットやハンドメイドレシピ、オンラインで参加できるワークショップなどを開催している。ミモザは、3月8日の女性のための記念日「国際女性デー」に贈る花としても知られている。最近では日本でも広まってきている国際女性デーに合わせて、Craftieでは今を輝く「好き」を仕事に活躍している人を招いてスペシャルワークショップを開催する。そのほか、多数のオンラインワークショップも展開予定。

国際女性デー 「ミモザ オンラインワークショップ」

ワークショップ1「モダンカリグラフィーとキャンドルラベル・メイキング」

ジャカルタ在住の世界的なカリグラファー、ヴェロニカ・ハリムのアトリエとオンラインでつなぎ、モダンカリグラフィーの基礎レッスンとCraftie Homeの⼿作りキット、ミモザのボタニカルキャンドルに合わせたラベルをつくる。ワークショップはボタニカルキャンドルのキット付。

開催日時:2021年3⽉8⽇(月)13:00〜15:30 詳細は こちら から。

ワークショップ2「ミモザのカレイドフレームをつくろう、飾ろう」

刺繍枠を使って花をアレンジするカレイドフレームは、春のプチ模様替えにぴったり。ワークショップでは、猪飼 監修のおしゃれ可愛い花々がぎゅっとつまったCraftie Homeの「ミモザでつくるカレイドフレームの花飾りキット」の作り⽅をレッスンする。センスよく飾る⽅法なども伝えるので、ミモザを使ってウォールインテリアを楽しみたい人は必⾒だ。

開催日時:2021年3⽉13⽇(土)14:00〜15:00 詳細は こちら から。

いつもの⾷卓がちょっとだけ特別になるおしゃれアイデアを提案!

空間スタイリストの池ももこが提案するミモザを使ったテーブルアイデアとフードレシピを紹介。

おうちで手軽にミモザを楽しめるハンドメイドキット

Craftie の展開するハンドメイドキットブランド「Craftie Home」からもミモザキットが発売。材料を一から揃えることなく自宅で気軽にクオリティの高い作品を作ることができる。

ミモザでつくるカレイドフレームの花飾り

カレイドフレームは、刺繍枠をキャンバスにした⼈気のフラワーアレンジメント。ミモザを主役にパンパスグラスやラベンダーなど、おしゃれ可愛い花々を集めた。

ミモザでつくるボタニカルキャンドル

季節の花々やドライフルーツなど、天然素材の草花をワックスに閉じ込めたボタニカルキャンドル。ミモザの⻩⾊をアクセントに可憐な花々がにぎやかに春を彩る。

ミモザでつくるアロマワックスサシェ

アロマワックスサシェは、ワックス仕⽴てのルームフレグランスだ。春の息吹が感じられるよう、ミモザにオレンジ、アジサイと、サムシング・イエローが⼤集合。

ミモザでつくる、ハンドメイドレシピ

人気の高いミモザリースのほか、レシピデザイナーが提案するおうちのおしゃれなインテリアになるレシピがたくさん。Craftieが提案するミモザのオンラインハンドメイド体験で素敵な「国際女性デー」を過ごそう!

※Moshi Moshi Nipponの2021年2月18日の記事(https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/403219)より抜粋

本日時点(2月20日7:40)では、ワークショップ1の予約は埋まってしまっているようです。個人的にミモザのキャンドルを作って見たかったので残念。。

抜粋記事のミモザの写真を見ているだけで、春の訪れに対する楽しみな気持ちが高まります。

ミモザの花のヒトに与えるパワーの大きさをつくづく感じます!

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す