「薬日本堂」が運営するニホンドウ漢方ミュージアム訪問レポート:【漢方ギャラリー編】

昨日の記事【「薬日本堂」が運営するニホンドウ漢方ミュージアム訪問レポート:【薬膳レストラン『10ZEN(ジュウゼン)』編】】の中で、

薬日本堂が運営する薬膳レストラン「10ZEN」にて食事をしてきた時のことをレポートしましたが、今日は、同じ漢方ミュージアム内にある『漢方ギャラリー』へ立ち寄った際のレポートを早速させていただきます。

薬膳レストラン「10zen」から、「漢方ギャラリー」へ移動する途中、「漢方ブティック」(写真)があり、普段気になるちょっとした不調、肌のトラブル、ダイエットから生活習慣病まで幅広い悩みを相談できるスペースになっています。
こちらが、漢方ギャラリーの入り口です。
生薬の見本が並べられています。
このような体の状態のセルフチェックのコーナーも設けられています。(無料)
こちらでは、生薬だけではなく、パネル展示もされています。

このパネルに書かれていることが、今後漢方のことを学んでいきたいと思っている自分にとって大事な情報だと感じましたので、以下に全てのパネルの写真を貼っておきます。

以上の写真は、今後、漢方のことを学んでいく際、基本へ立ち返りたい時に時々眺めていきたいと思います。

以下は、展示されていた生薬の写真と説明になりますが、自分自身の今後の参照用として活用できると思いましたので、貼っておきます。

以降は、入り口近辺に展示されていたパネルと生薬になります。上記の生薬と一部被る部分がありますが、付加情報が記載されているため、被っている生薬の写真も貼ります。

以上になります。

写真を貼っている中で、メディカルハーブの分野で学んだことや、今まで触れてきたスパイスの情報との相互の関連性が色々生まれてきそうで、漢方を学んでいくことのワクワク感がさらに高まりました。

今のタイミングで、ニホンドウ漢方ミュージアムへ足を運んで良かったと思いました。

薬日本堂の情報

名前 (必須)メールアドレス (必須)サイト

コメントを残す